デュプリケーターなら写楽ストア

Comstation AP

392,040円(本体363,000円、税29,040円)

  • メモリ容量
購入数
EDIUSユーザーに特にお勧めする4K/60Pネイティブ編集対応

EDIUSでの編集の場合にIntel Quick Sync Video(以下QSV)が重用な役割を果たします。しかしながら通常グラフィックボードを搭載してしまうとデフォルトではQSVの機能を使う事ができませんし、そもそも採用CPUとマザーボード次第ではそのような設定をすることができない場合もございます。そこで当社のComstation APでは部品を選定し通常のグラフィックボートとQSVを同時に使えるようにした状態で出荷させていただきます。

グラフィックボードにGPGPU(General-Purpose computing on Graphics Processing Units)機能が優れたNVIDIA社製RTXシリーズを採用。 CPUもマルチコアプロセッサーへ移行していますが、GPUではさらに大量のコアを搭載し、これを効果的に利用することでCPUへの負荷を減らし従来以上の演算性能が達成可能になります。デフォルトモデルはコストパフォーマンスと基本性能にすぐれたGeforce RTXシリーズを採用。前世代のグラフィックス カードに比べて最大 6 倍のパフォーマンスを提供ます。(各色10bitのカラー対応やOPEN GLを多用するAdobe社Afterefectの一部の機能、3DCADソフトをご利用になる場合はQUADROシリーズへの変更をお勧めいたします。)

基本仕様

  Comstation AP
OS Windows 10 Home 64bit
CPU

Intel Core i7 9700K  8コア8スレッド

メモリ DDR4 16GB 増設可能(最大64GB)
グラフィックボード GeForce RTX 2060 (QSVも利用可能)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS&アプリケーションソフト用ストレージ 240GB SATA接続SSD
作業用ストレージ(プロジェクトファイル用ストレージ) 120GB SATA接続SSD
保存用ストレージ 3TB HDD
カードリーダー USB3.0接続 内蔵カードリーダー
筐体タイプ ミドルタワー
推奨編集ソフト Premiere Pro、After effects、TMPGEnc Video Mastering Works、EDIUSシリーズ 等(特にEDIUSにお勧めです。)
想定販売価格

36,3000円(税抜)


詳細は下記をご参照ください

https://comstation.jp/nonlinear/lineup/comstationap/

おすすめ商品